ROGUE COLOR FILTER COLLECTION KIT - Tetrad Chord
スポンサー

ROGUE COLOR FILTER COLLECTION KIT

ROGUE COLOR FILTER COLLECTION KIT
通常、色補正フィルターは環境光の色温度と同じ様にフラッシュの色温度を調整し、写真全体のカラーバランスを改善するためにめに使用されます。 ・撮影シーン全体の環境光とフラッシュの光のバランスを取るためです。 ・環境光がハロゲンやタングステン光の場合はCTO(色温度オレンジ)フィルターを使用してフラッシュのカラーバランスを整えます。 ・環境光が日陰や青空の場合はCTB(色温度ブルー)フィルターを使用してフラッシュのカラーバランスを整えます。 ・蛍光環境の場合は、グリーンプラスフィルターを使用を使用します。 環境光源が特定され、適切なカラーコレクションフィルターを選択すれば、フラッシュに設置するだけです。 付属の色補正フィルターに示すようにカメラを同じホワイトバランス・セットにセットするか、あるいはカスタム・ホワイトバランスを設定するかしてください。 適切なカラーコレクションフィルターとカメラのホワイトバランス設定によりフラッシュによる撮影画像は改善され、適切な色のバランスで表示されます。

ImageVISIONさん

さて、こちらも夜撮影において重要なアイテムになります。
ストロボ用のカラーフィルタ。

何に使うかというと、背景の色とストロボの当たる被写体の色のバランス取りに使います。

ホワイトバランスを合わせる際、晴天の昼間の屋外やストロボそのものの色温度は5500~6000K(ケルビン)などと言われており、基準とされることが多いですね。

色温度の単位は非常に紛らわしい表現をするのですが、高いほど青っぽく(寒色)、低いほど赤っぽく(暖色)という言い方をします。

が、実際にカメラでホワイトバランスを設定する際、Kの数値が小さくなればなるほど青っぽく、大きくなれば赤っぽくなりますよね?つまり、高い・低いと数値の大・小が逆転しているのです。

これは、絶対的な値というよりも、相対的にどれだけ補正するのかという考え方に基づくもので、実際にカメラの設定を行う際には6000Kあたりを中心に数値が小さいほど青く、数値が大きいほど赤くなるということ、そして、重要なのは、まずはこの6000Kが基準になるとだけ覚えていれば問題ないかと思います。




さて、ここからが本題。

夜撮影をする際、その6000Kあたりで撮影すると、夜空などは思った以上に赤っぽくなります。
周りの街灯などの環境光の影響も大きいのですが、ここで綺麗な青を出すには2700~2800KあたりまでKの値を小さくする必要があります。

そして、そのままノーフィルタのストロボで被写体に照射すると、同じく被写体も青っぽくなります。
効果としてそれもアリですが、人物はできるだけ実物に近い色合いで表現したいもの。

フィルタのことを調べていると、“CTO 3200K”という単語をよく目にします。(CTO=Color Temperature Orange)
フィルタの基本キットなどにも必ず付いてくるフィルタですね。実際のところ、背景の色づけなどの特殊な効果以外ではほとんどこれしか使いません(笑)
見たとおり、暖色に振るオレンジのフィルタになりますが…お気づきでしょうか?

カメラのホワイトバランス2800Kに3200K足すと?そう、6000Kになるのです。

以前触れました二層的な写真の話にも関連することですが、全体はカメラのホワイトバランス、被写体はカメラ+ストロボのホワイトバランスになるのですね。結果として、背景だけがカメラそのもののホワイトバランスになります。

こちらが実際にその方法で撮影したサンプルです(というか、ここに上がっている写真のほとんどですね。基本、ストロボにつけっぱなしです^^;)。




Tetrad Chord Created by Dream-Theme — premium wordpress themes. Up